最重要コンテンツ:ドラゴンレイドCC性能比較

皆さまこんにちは。

RYOです。

今回はキンスレで最重要コンテンツである「ドラゴンレイド」において有効なCC編成についてご紹介。

キングスレイドのドラゴンレイドは、マルチプレイ(プレイヤー3人で9キャラ攻略)とシングルプレイ(プレイヤー1人で8キャラ攻略)の2種類が1月のアップデートで選べるようになりました。それまでは皆マルチプレイで遊んでいたコンテンツなのですが、特に新規のユーザーさんは育成状況的にマルチを選択した方が有効な場合も多いと思います。

私自身は普段シングルプレイで攻略を行っていますが、時折マルチプレイにお邪魔をし、最近始めた方がどんなキャラを使用しているのか、その傾向をチェックしているのですが、いわゆるCC特化キャラをドラゴンレイドで使用されている方が非常に多いと感じていました。

ところが、私自身、上位のドラゴンレイドに挑戦する際にはタンクをしっかりと編成し、CCキャラを入れることがありません。その理由はいくつかあるのですが、今回はその最も大きな理由である「CC性能とダメージ効率」についてCC2キャラ+タンク2キャラの編成とタンク4キャラ編成との比較してきました。

結論から行くと「CC特化キャラCC性能はCCゲージ付きのボスに対しては有効ではありません」。

【CC特化キャラの弱点とタンクの利点】

高難易度のドラゴンに挑戦すればするほど、火力装備のCCキャラの脆さと安定感のなさが露呈してくると私は思っているんですが、 では防御型にすればいいのでは?と思う方も多いでしょうが、そうするとダメージ効率がかなり下がります。
タンクを1体追加すると多くの場合一番火力の出るディーラーの最大火力は上がるんですが要はその差をCCキャラで埋めようとすると安定感がさがり、結果としてダメージ効率が下がるという流れになります。

また、CC特化キャラの最大の弱点である「最高火力の低さ」と「CCスキルクールタイムの長さ」(次にスキルを放つまでにかかる時間の長さ)がドラゴンに対してあまり有効ではない点が挙げられます。

本来CCゲージのついていない敵に対しては、凍結や足止め、気絶などのスキルが即座に効果を発揮するため、CC特化キャラは一般的なステージ攻略に非常に有効なキャラではありますが、いわゆるCCゲージ付きのボスの場合、足止めができず、「そのスキルの効果時間の蓄積」によってダウンが発生するため、特にドラゴンレイドでは、一般的なイメージほどCC特化キャラの性能が発揮できません。

一方タンク4体編成の場合、タンクがそれぞれ持っている超越特性でのダメージ効果+20%が非常に有効で、ダメージ効率が高くなりますし、タンク自体がドラゴンに落とされにくい英雄である点やタンクが持つCC性能は「スキルクールタイムが短く」「スキル効果時間がそれなりに長い」ため、CCゲージ付きのドラゴンに対して有効で、攻略時の安定感は抜群に高くなります。

また、ドラゴンレイド:ノーマルではドラゴンに対する速度減少効果が非常に有効で、こちらも多くのタンクが所持しているスキル効果です(ハードモードのドラゴンは速度減少がかからないので、 そちらも併せてチェックしておいてください)。

【一般的なCC特化キャラ】  
 マリア・パベル・ローレイン・シャミーラ

【ドラゴンレイドに有効なタンク】
 クラウス・ロマン・ソニア・ネラクシス

以上の通り、CC特化キャラは一般ステージの攻略に適しているキャラではありますが、ドラゴンレイドの周回安定化を図りたいのであれば「タンクを多めに入れる編成」を意識し、対ドラゴンに適した編成で挑戦していただければと思います。

今回は以上となります。

ではでは。